インスタ裏垢まとめTikTok【ハヤリモノNo.75」

こんにちは。関西ワカスタの長老をしている毛塚です。

今回は最近若者の間で見るだけではなく、投稿が活発になっているTikTokについて流行りの動画をご紹介します。



裏垢・本垢ストーリーをTikTokで晒す投稿とは?

 

TikTokではバズった動画の形をみんなが真似して動画を投稿する文化があります。

 

今回、この「真似る文化」の1つとして流行ったのが、投稿者のInstagram本垢と裏垢のストーリー投稿を1つの動画にしてTikTokに載せるコンテンツです。

 

※ちなみに、Instagramは周囲の人や身近で仲の良い人などリアルの生活で関わる人がフォロワーに多いですが、TikTokは見ず知らずの人が動画を視聴しフォローしてくるのがメイン。

 

なかなか文章だけではイメージがしにくいと思いますので、一例をご紹介します。

動画

動画1

動画2

なぜ投稿者は自らの裏まで晒す?

では、「なぜ投稿者の若者はわざわざInstagramのストーリーを本垢だけではなく、裏垢も一緒に投稿して晒すのか。」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

 

この点については安直に「自分を晒したい。自分を知ってほしい。」というわけではなく根本にはバズリたい。注目を集めたいという気持ちで投稿しているのではないかと考えています。

 

現状、視聴しているユーザーが求めている要素がキラキラしたことやおしゃれなことから変化している中で投稿者もバズらせるために変化したという考えに至りました。

視聴ユーザーが求める要素に関しては次の章で詳しく説明いたします。

視聴ユーザーにウケる理由

ここ1~2年の間でTikTokに限らず、YouTubeなどでもSNSでユーザーに求められる要素が変化してきました。

 

それまでInstagramで写真がメインだった時にはいかに自分を飾るか、おしゃれな写真・投稿内容で充実しているように見えるかが重要視され、実際にユーザーもおしゃれできらきらした要素をInstagramに求めていました。

 

しかしながら、ここ1年で急速におしゃれさやきらきらした充実感ではなく投稿者の本音や素の部分が視聴者にウケるようになり、飾った投稿ではなくいかに本音やリアルさがあるかが求められるようになりました。

 

そのため、今回の「Instagramの裏垢・本垢ストーリーをTikTokでまとめて晒す投稿」も素やリアル(多少の汚さやどす黒さ含む)という部分が動画から分かり、そこに面白さを感じているのだと思われます。

まとめ

今回の記事ではTikTokで流行っている投稿の形である「Instagramの裏垢・本垢ストーリーをTikTokでまとめて晒す投稿」についてご紹介しました。

 

流行の背景には視聴ユーザーがより投稿者(人)の飾ったおしゃれさやきらきらした内容ではなく、本音や素の部分という汚かったりどす黒かったりする部分を求めるようになった変化があるということが分かったと思います。

 

余談ですが、視聴ユーザーの求める要素が変化した理由としては写真から動画にSNSの投稿内容が変化したこと、きらきらしたおしゃれなコンテンツが飽和して見慣れてしまったことなどがあるのかなと個人的には感じています。

 

これからのTikTokやInstagramリールといった動画系SNSの動向は要チェックです!