おうち時間㉛【消費するより発信したい!若者の趣味垢に変化】

こんにちは!関西ワカスタの毛塚です。


まだまだ続く「おうち時間」ですが、今回は若者の趣味に対してスタンスが変化したことについてお話します。

「具体的にどう趣味への向き合い方が変わったのか?」

それはSNSの使い方です。

 

今までSNSは趣味・好きなことの情報収集や同じ趣味を持つ人と繋がることなどがメインでした。

しかし、自粛期間をきっかけに趣味の魅力を伝えるためSNSアカウントを作って発信する若者が増加しました。

今回は、これまでの趣味に対しての意識や行動、コロナによるおうち時間で具体的に変わったかに触れながら説明します。

今までの趣味への向き合い方って?

今までも若者は多種多様な自分の趣味・好きなことに使う時間はとても多かったといえます。

また、1つの趣味をとっても好きな部分や内容が違ったり、各自がこだわりを持って趣味に向き合っていたとも言えます。

コロナによる自粛当初も若者は家でできる自分の趣味に時間をかけていました。

ただ、それは受け手として趣味に時間を使っている人が多かったです。

例えば、好きな歌手やバンドマンのライブビデオを見たり、アニメや漫画をまとめて見たり。

コンテンツを見る、聴くなどインプットを通して楽しんでました。

また、SNSで趣味について触れたり発信することがあっても、自分の本垢(リアルアカウント)で投稿し、「その趣味が好きな自分を発信すること」(≒自己満足)が主旨である場合が多かったです。

ですが自粛後期になり、今までとは違った考えで趣味を発信する人が増えてきました。

趣味を発信するってどういうこと?

自粛後期に起こった「趣味の発信」とは趣味を受け手以外の形で発信することです。

具体的には、「自分の趣味・好きなことの魅力を伝えること」を目的として新しく趣味の発信アカウントを作り、投稿しています。

要するに趣味・好きなことをする側から発信する・作っていく側に移った若者が急に増えたということです。

@oreani_satoshi

ヴァイオレット・エヴァーガーデン、CLANNAD、君の名は。を紹介しました!全部泣けて超好きな作品です😭 ##ヴァイオレットエヴァーガーデン ##CLANNAD ##君の名は ##アニメ紹介 ##アニメ感想 ##自宅でのおすすめの過ごし方 ##おうちで過ごし隊 ##tiktok教室 ##ためになるtiktok

♬ I gotta go (feat. Hiplin, WILYWNKA & kojikoji) – GeG

画像は僕の知人が自粛期間に始めた趣味のアニメについて魅力を発信するアカウントです。

TikTokで発信を始めて6日で5000フォロワー、2020年5月16日現在では8000人以上にフォロワーを伸ばしていて発信が周囲に届いていることも分かりますね。

発信内容や雰囲気は文章では説明しにくい部分もあるので、「若者がどんな風に発信しているのか?」が気になる人は彼の投稿を見るとイメージしやすくなると思います。

まとめ

今までもYouTubeやTikTokにより1部の若者が発信する側に移っていましたが、今回の自粛で一気に発信側が増えました。


今後も趣味・好きなことを見つくした(喰いつくした)若者は、ただ受け手でいることに飽きてより魅力を伝える発信側に回っていく動きは強まるかもしれません。

 

おうち時間の記事一覧はこちら >