おうち時間㉒【不要不急のリプ・DM】

こんにちは!
家の中にずっといるのでラプンツェルみたいな気分…
関西ワカスタのそうたろうです!

自粛によって、圧倒的に増えた若者のおうち時間。

今までの記事でも紹介してきたように「Zoom飲み」「ダルゴナコーヒー作り」など、若者が自ら工夫して様々な楽しいおうち時間を過ごしています。

ただ、その中でもやはり、SNSを浮遊する時間は増えたと断言できるでしょう。

実際、私の周りでもストーリーやツイート数が増えています。

そこで、最近よく見かけるのが不要不急のリプ・DMです。

普段なら反応しないような何でもない投稿でも、自粛中の今は反応してしまうということ。

ちなみに「不要不急」という言葉を使っていますが全くネガティブなものではありません!

では、どうしてそんなリプライやDMが増えたのか。
ただただ、暇だから。というわけではないんです!


①みんな、人に会えなくて寂しいからすぐ返信がくる

特に下宿生(一人暮らし)の学生は、本当に人と話す機会が少ないため、寂しくなり情緒不安定になりがちです…
そんな時は、ストーリーやツイートをすれば、誰かしらが反応してくれます!
特に友人に問いかける様な投稿が目立ちます

SNS上でコミュニケーションを取ることで不安な気持ちを和らげているんです!

 

②ちょこっとの下心

普段はSNSを通じて連絡を取っていなかった人ともやり取りが再開しているようです
リプやDMが多発しているいまなら、懐かしい人に送っても不自然じゃないですよね!
むしろ、普段やり取りしてない人から連絡が来れば嬉しいです
そこには少し下心があるとかないとか(笑)

懐かしいやり取りから、「コロナ終わったら、また飲みに行こう!」というように、コロナ後も繋がりが継続しそうでなんだか今からワクワクしちゃいますね


今回は、おうち時間における若者のSNSの使い方をご紹介しました!
みんなでこの期間を乗り越えるために、まだまだ工夫されたおうち時間が出てきそうですね

次回もお楽しみに!

 

おうち時間の記事一覧はこちら >