ハヤリモノ NO.38 「ワカモノ発! いちご狩りの新しい楽しみ方」

 

こんにちは!始まりました、最近ワカモノの中で

何が流行っているのか、

どう流行っているのかを分析するコーナー

「ハヤリモノ」

 

 

今回は関西ワカスタに新しく加入した小澤がお送りします!どうぞよろしくお願いします(^^)

 

 

最近、一気に暖かくなって休みの日はどこかにお出かけしたくなりますよね!

 

でも、どこに行くか迷ってるねんなぁ…

というそこのアナタ!

 

 

 

はいかがですか?

実は今、ワカモノの間でいちご狩りに行くことが流行しているんです!

 

 

「まあ今いちごって旬やし、流行ってるんは当たり前ちゃう?」と感じた方もいると思います。

 

 

ピンポン!実際、旬のいちごを味わうため・自分で狩る体験を楽しむためにいちご狩りに行く人が多いです。

 

 

しかし!

 

 

最近はいちご狩りが写真を撮ることを楽しむために利用されることが増えています。

 

 

 

Instagramでの「#いちご狩り」の投稿件数はなんと!約80万件!(4/26現在)

 

例をあげると「#京都カフェ」(4/26現在約70万件)よりもはるかに多いんです。

 

 

 

では、なぜワカモノは写真を撮ることを楽しむためにいちご狩りを利用するようになったのでしょうか?

 

 

 

それは、ワカモノが いちごの赤色 を 「差し色」 としてとらえ

 

ナチュラルに写真映えさせることができると認識したからなんです!

 

 

 

従来「写真映え」とされるものといえば、

 

写真のような羽根が描かれてある壁や、レインボーカラーのスイーツなど

 

・カラフル、かわいい

・雑誌風

・非日常的

(サイト「スナップレイス」による映え写真の特徴より)

 

なものが主流でした。

 

 

しかし、近年写真映えが蔓延しすぎて写真映え疲れをしているという声が少なくありません。

 

映えさせることに必死な人に対して

「まーた映えかぁ..。」

「映えに命かけすぎw」

「※インスタ蝿やん(笑)」と嘲る人も。

※インスタ蝿とは…見栄えのする写真の被写体を表す「インスタ映え」の派生語。インスタ映えする写真を撮ろうと躍起になるあまり、常識はずれな行動をして周囲に迷惑をかける人を揶揄する言葉として生まれた。(コトバンクより)

 

 

インスタ蝿に関する詳しい記事はコチラ↓

ハヤリモノNo.13「インスタバエ」

 

 

そんななかで、「いちご狩り」は非日常的な狙った映えではなく

 

 

「いちごが差し色」というワカモノの視点

「日常の一部感があるナチュラルな映え」

という新しいタイプの写真映えを生み出し多くのワカモノから支持を得ているのです!

 

 

 

特にこれはいちご狩りにカジュアルなファッションで行ったときに発揮します!!

 

・ベージュのトレンチコート

・デニム生地のボトム

・ギンガムチェックのシャツ

など

 

街でよく見かけるカジュアルなアイテムを用いたファッションが

おしゃれに見えちゃうんです♪

 

Instagramでは「#いちご狩りコーデ」という名のタグも存在していて、多くの投稿が寄せられています。

かわいい!!

 

 

実際に私も白地のニット×デニムのスカートのカジュアルな服装でいちご狩りに行ってきました!

 

その時撮った写真がコチラ↓

 

 

 

 

どうですか?

 

至ってシンプルでカジュアルな格好が無数のいちごの彩によってとってもおしゃれに映っています!いい感じ!!(自分で言うな)

 

 

いちごを狩るのも楽しくて、大満足でした(^^)

 

 

こうして視点の向け方次第でものの見え方が変わることになるほど!おもしろい!と感じました。

これから1つの物事をあらゆる方向から見ることを意識してみたいと思います!

 

 

いちごは6月頃まで旬なのでまだまだ間に合います!

ぜひぜひ足を運んでみてください!

 

その時はカジュアルファッション必須ですよ~

 

 

次回のハヤリモノもお楽しみに!!

文=小澤未沙希

小澤みさき
近畿大学
誰がチビや。心は生涯成長期やねん