ハヤリモノNo.32「すきカミソリ」

すきかみそり2

こんにちは関西ワカスタの青木です。

 

最近、ワカモノの間で流行っているモノを分析する「ハヤリモノ」

 

今回ご紹介するのは

【すきカミソリ】

です。

すきかみそり

 

 

 

 

 

 

 

 

このカミソリは“すね毛”を処理するために使います。

しかし、普通のカミソリと違うのです!

その名の通り「梳く」ことで、毛の量を減らしてくれるアイテムなのです。

 

 

“すね毛”を気にしているのは、高校生や大学生という印象が強いです。

ではここで、大学生の“すね毛”事情をおさらいしていきます。

 

実は大学生の服装にポイントがあります。

大学生は社会人と比べると圧倒的に短パンを履くのです。

大学に来ていく服装は、短パンやスウェット、T-シャツのようなラフな服装になりがちです。

ラフな服装の象徴である短パンで難点は1つ!

モジャモジャの“すね毛”です。

 

最近のワカモノはどうしてモジャモジャの“すね毛”を気にするようになったのでしょう!?

 

大きな要因としては、ワカモノのマインドが中性的になっているということがあげられます。

女性だけでなく男性も美容に気を遣うようになりましたし、スイーツ好きな男性も多くなりました。

芸能界では、“りゅうちぇる”や“千葉雄大”のような中性的な芸能人が支持を得ています。

中性的な男性に共通できる点は、なんとなく「綺麗」という点です。

ワカモノにとってモジャモジャの“すね毛”は「綺麗」とは真反対に位置づけられているといえます。

 

では本題です!

なぜ「剃る」のではなく、このような「梳く」カミソリが出てきたのでしょうか?

“すね毛”を剃るときの問題は大きく2つあります。

1つ目は剃ってしばらくすると、生えかけの毛がチクチクしてしまう。

2つ目は剃った毛の断面が太くなってしまい余計濃くみえてしまう。

 

そこで、登場したのが【すきカミソリ】です。

全剃りほど、生えかけの毛が目立たないので、すね毛処理をする頻度が少なく済むので楽ちん。

 

ただし、男性のすね毛処理については賛否両論があるようです。

キレイに脱毛して欲しい、ある程度の手入れをして欲しいと感じている女性もいれば、

男性がすね毛処理をして足がツルツルな状態を「男らしくない」と考える人もいるよう。

したがって、すね毛処理は「梳く」くらいがちょうどいいのかもしれません。

 

すね毛が濃くて、ハーフパンツを履くことをためらっているメンズはこの【すきカミソリ】が解決してくれるはずです!

 

aoki

文=青木崇太朗