ハヤリモノNo.21「質問箱」

Inkedyuki_LI

こんにちは!
関西ワカスタの1回生の毛塚と初登場の青木です。
最近ワカモノのなかで
流行っているものを分析する
「ハヤリモノ」の紹介です!

今回ご紹介するハヤリモノは、
「質問箱」です!

質問箱とは簡単に言うと、
以前のハヤリモノで紹介した
「Sarahah」のTwitter版です。
「Sarahah」と同様、質問したい事などを
匿名で相手に送ることが出来るサイトですが、
その回答が「saraha」はInstagramでの回答でしたが、
質問箱はTwitterで回答するようになっています!

「質問箱のやり方」
1)質問箱のURLを貼ったツイートして質問を募る
2)質問者は匿名で質問を送る
3)回答者はきた質問に一問一答の形で回答する
4)送信ボタンを押す事で、ツイートされる

僕は質問箱の一問一答の形式がポイントだと思っています!
「saraha」は画面をスクリーンショットして回答していた為に
見られたくない質問も写ってしまい、
「その質問を塗りつぶす」という投稿をよく見ました。
しかし、質問箱は回答する質問を選ぶ事が出来るので、
嫌な質問には答えなくて良いんです!!
よって、嫌な質問は第三者に見られない
最高の仕組みになっています!
situmon

また、質問への回答は画像添付のツイートとURLによって
処理したツイートの2種類から選ぶ事ができ、
アカウントの画像欄が質問箱で溢れたり…
何て心配もありません!

この「質問箱」は若者を中心に、国会議員や起業家、
その他の公式アカウントなども使用しています。

では、なぜ若者に流行っているのでしょうか?
今回は若者の中でも病んでいる人に
流行っている理由を挙げていきたいと思います!

僕は若者、特に病んでいる人に
流行っている理由として
主に3つあると考えました!

1つ目の理由は、
病んでる人は暇な時間がとても寂しく苦痛です。
その気持ちを紛らわせるために誰かと繋がっていたい、
誰かと連絡を取り合っていたい
という気持ちを叶えてくれるからです!!
LINE、Twitterなどで繋がろうととしても
自分から相手にメッセージを送らなくならないので、
ついつい相手の都合などを気にしてしまいがちです。
しかし質問箱はメッセージが来るので
受け身の姿勢でいればいい、
相手の都合などを考えないで
気楽に人と繋がれるからです!

2つ目の理由は、質問者・回答者共に
リアルな世界の関係性を気にせず
質問や回答をする事が出来ることです!
現実のやり取りやLINE、TwitterなどのSNSでも
お互いが誰だかを認識してやり取りをしていますが、
質問箱は完全に匿名性なので
「この人だから少し控えめな回答でいこうかな…」や
「この人嫌いやからテキトーに返信しとけ!」
などと考える必要がなく、
言葉遣いどうしよう…などと言った悩みもなく
素の回答をする事が出来ます!

3つ目の理由は、質問が来る事で
自分の存在価値を確認できるからだと考えました。
質問が来て有名人気取りができるというよりは、
質問が来る事によって自分にも価値がある。
という心の安らぎ、安心感を欲しているのだと思います!

ここまで3つの理由を上げてきましたが、
僕自身この質問箱を利用していて
寂しさを紛らわしたり、安心感を得たりしてきましたが
なかなか辛辣な質問も来るため
上の2つを得る代わりに少し人間不信になりかけました…笑
しかし、なかなか周りを気にして
本音を言えない若者にとって、
質問箱は素の気持ちを打ち出すことの出来る場所です。
この記事をご覧の皆様も是非1度お試しを!!!

次回のハヤリモノのお楽しみに!

keduka記事:毛塚ゆうき
aoki記事:青木崇太朗