ハヤリモノNo.20「ほうじ茶フレーバー」

h

こんにちは!
関西ワカスタの一回生、合田です!

最近私たちワカモノの中で
何が流行っているのか、
どう流行っているのかを分析する
「ハヤリモノ」の紹介です。

今回ご紹介するのは、
寒い冬にぴったり
「ほうじ茶フレーバー」

です!

冬になり、ほうじ茶フレーバーの飲み物やスイーツが
数多く発売されています。
実は、ほうじ茶飲料の売上高は
2005年と比べて16倍なんです!

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなど、
12月に入ってコンビニ各社が競うように
発売を開始したほうじ茶ラテやほうじ茶スイーツ。
スタバのほうじ茶ティーラテや、
ハーゲンダッツのほうじ茶ラテアイス、
カントリーマームのほうじ茶ラテなど、
「ほうじ茶」にスポットを当てた商品は
数え切れないほどです。

大学でも、ほうじ茶ラテを片手に
講義を受けている人をよく見かけます。

ではなぜ、「ほうじ茶フレーバー」が
ワカモノの間で流行っているのでしょうか。

それは、ほうじ茶が
「少し変わったクセのないいいやつだから」
だと分析しました。

11月6日に「あさイチ」(NHK)で放送された
ほうじ茶についての特集で、
ほうじ茶はカフェイン・渋み・クセのない
「クラスに1人はいるめっちゃいいやつ」
と紹介されるなど、飲みやすさが大きな特徴です。

また、コンビニ各社から一斉にラテが出されたため、
飲み比べという楽しみ方ができるようになりました。
わたしも「ここのほうじ茶ラテが美味しいんやで」
という友人の勧めで、
ほうじ茶ラテデビューをしました!

ラテやスイーツが多く売り出されているので、
普通のペットボトルのほうじ茶よりも
手が出しやすかったというのが感想です。

元々ほうじ茶が好きだった人だけでなく、
新たなほうじ茶好きも増やしているのが
今回のブームなのだと思います。

ただのお茶じゃ面白くない、
少し変わっているけど飲みやすい。
そんな「いいやつ」をみなさんも
是非一度試してみてください!

では、次回のハヤリモノもお楽しみに!!

トップ画像参照:https://www.itoen.co.jp/products/detail.php?id=2496