ハヤリモノNo.17「Sarahah」

aaaaaa

こんにちは!
関西ワカスタの2回生の釣本です。

最近ワカモノのなかで
流行っているものを分析する
「ハヤリモノ」の紹介です!

今回ご紹介するハヤリモノは、
Sarahah
です!

Sarahahとは、サウジアラビア発の匿名メッセージアプリで、
元々はビジネスシーンで匿名で
フィードバックを送り合うために開発されたものです。

しかし、このアプリがいま
大学生のワカモノの間で流行しています!
11月半ば頃からちらほら利用者が見られはじめ、
11月末には日本で
AppStoreのランキング総合1位
にもなりました。

Sarahahの使い方として主に見られるのが、
インスタグラムのストーリーに
Sarahahで送られてきたメッセージを載せて返信するというもの。
送られてくるメッセージのほとんどが
「この前見かけたよ」「今度遊ぼう」などの軽いもので、
もとの利用方法とはちがっているようです。

なぜいま、このSarahahが
ワカモノにはやっているのでしょうか?
それは、

①暇つぶしに使える
②責任を取らなくていい
③自己承認欲求を満たすことができる

ためであると分析しました!

まず①について、暇つぶしにSNSを利用したいとき、
LINEのようなメッセージアプリでは
要件がなければ相手に迷惑がかかります。
しかし逆に、TwitterやInstagramのような
投稿型のSNSでは いいね! という
簡単なレスポンスしかもらえないため、
誰かとの会話はできません。
Sarahahは匿名であることから
要件のない軽いメッセージを送りやすく、
受け取る側も放っておくだけで
他人からメッセージが来るため、
暇なときに他者と関わり寂しさを
紛らわすのにちょうどいいのです!

そして②について、
ワカモノは「利用する上で責任を負わなくていいSNS」に
魅力を感じているのではないでしょうか。
例えばインスタグラムの”ストーリー機能”は、
投稿がずっと残ることがないという手軽さから流行しました。
Sarahahも匿名であることから発言に
気を使わなくていいため、
ときにSNS疲れしてしまうワカモノにも
利用しやすいのだと考えられます!

③については、
ワカモノは自分のSarahahのページを
Instagramのストーリーに公開することで
送ってくれた人に返信すると同時に、
自分に送られた好意的なメッセージを
公開して自己承認をしていると考えました。

Sarahahは気軽に人と繋がり、
自分を認めることができるツールなのかもしれません。
次回のハヤリモノもお楽しみに!!