ハヤリモノNo.13「インスタバエ」

スライド1

こんばんは!初登場!
1回生の毛塚です。

最近僕たちワカモノの中で
何が流行っているのか、どう流行っているのか
を分析する「ハヤリモノ」の紹介です。

今回ご紹介するのは、
Twitter上、Instagram上で良く使われるようになった

「インスタバエ」

というワードです!

この言葉は、
今年の流行語大賞にもノミネートされた
「インスタ映え」という
言葉がきっかけとなり生まれました!
「インスタ映え」とは、若者に大人気のSNSである
Instagramに投稿した写真に対して、
見映えする、オシャレに見える
という意味で用いられる表現です。

この「インスタ映え」を求めるため、
写真映えする物やスポットに群がる人たちを
ハエ(蠅)に見立てて
「インスタバエ」
呼ぶようになりました。
(蠅を強調するため「インスタ蠅」と漢字が使われることもあります)

この言葉が、TwitterやInstagram、
更には若者の日常会話で
頻繁に登場しています。

どうしてこの言葉が
若者の間で流行っているのでしょうか?

それは、写真映えばかりを
目的とする若者への“不満” であると分析しました。

元々写真映えのためだけに
ルールやマナーを破る人への
不信感が募っていた若者。

そのため、通常の意味で用いられる「インスタ映え」
と掛けて使われる「インスタバエ」は、
溜まっていた不満を吐き出すには
語呂もよく、写真映えを上手く叩くことが出来るので
好都合だったと考えられます。

スライド2
※イメージ図

Twitterにより、一気に知名度を上げた
「インスタバエ」
徐々にInstagram上で自虐ネタとして
使われるようになります!
なんと#インスタバエ は、現在1万件を超える投稿!
Twitterでの批判を見事にかわして
ネタにしてしまいましたね……

最近ではSNSを飛び出して
写真を撮る事を頑張ってる友人に対して
いじる時にも使われる様です!
蔑称→自虐ネタ→いじり

今後はInstagramに関係なくても
写真を撮る事を頑張る人全般を指す
言葉になるかもしれませんね!

次回のハヤリモノもお楽しみに!

keduka記事:毛塚ゆうき
image1デザイン:古澤 奈津実